お問い合わせ

TOP > 基本の使用方法(手肌の悩み)

ステロイドをつかっても手湿疹が続いている方へ


ステロイド等の医師に処方された薬をお使いになっても症状が抑えきれない場合、そのほとんどの方が日常的に原因との接触や摂取が続いているケースが多く見受けられます。

卵アレルギーの方が卵を毎日食べながらステロイドを塗っても、症状が完全に消えることがないことに似ています。

これまでお使いになった薬や現在のお肌の状態などの状況によって変わってきますが、手肌の症状が薬で治療をしても続いている場合、外用剤によるケアと並行して発症の原因や悪化の要因を探して対策を行わないと改善が困難な場合があります。

例えば、お仕事や炊事で使うゴム手袋もその1つ。

素材や添加剤によるアレルギー症状の場合、同じ手袋を使ってるかぎり状態は改善しないどころか、どんどん酷くなってしまうリスクがあります。

美容師さんの場合は、必ずしも薬剤が原因とは限りません。薬剤から手肌を守るために使うゴム手袋や、それ以外にも手を洗う回数が多く角層がふやけた状態でドライヤーの温風を受けることで皮膚のバリア機能が失われてしまい手湿疹を悪化させる原因になっているケースがあります。原因がわかれば対策をたてることができます。

これらの例以外にも、生活環境によって手湿疹の悪化に関与しているであろう要因は様々なケースがあります。

アトピディアでは、お一人お一人の手肌の状態を拝見したうえで、悪化の要因を探すお手伝いも承っています。

その方法は、とにかく徹底的にお話を伺うことから始まります。
お試しいただいても効果を感じて頂けない場合は、是非ご相談ください。