お問い合わせ

TOP > 基本の使用方法(汗ムレによるムズムズ)

湿度が高い夏は冬に比べて楽になる方が多いと思われがちですが、実際には夏のほうが苦手な方が多いです。 理由は、乾燥が原因ならしっかり保湿することで乗り切ることができるのに対し、夏の汗によるつらさは対策が難しいことが挙げられます。

多くの方が夏でもガサガサしているため、保湿を中心としたケアをされていることが多いようですが、じつは暑くなってからでは手遅れ。夏の不調を防ぐためには寒い時期からのケアが大切です。

不安定なお肌の状態をクールダウン効果でひんやり整えて、肌のバリア力の回復を目指しましょう。汗をかきはじめたらそれまでのケアを”夏仕様”に切り替えて、できるだけ汗の刺激から肌を守ることをこころがけましょう

  • 入浴後の肌の乾燥が心配な方に

    就寝中にかいた汗を流さずにいると、「汗管」が詰まってしまい肌悩みの原因になります。朝のシャワーで寝ている間の汗を流してからお出かけしましょう。うるおいのヴェールに包まれたような保温効果を感じていただけます。顔〜体まで全身にお使いいただけます。

    オンラインショップで購入

    洗っている時からうるおいがあり、お風呂上りがすごくしっとりします。(36歳女性)

    小学生の息子が「もうこれでしか洗わへん!」と宣言するほど気に入ってます!(42歳女性)

  • 夏の肌悩みをひんやりクールダウン

    寒さがやわらいで来るころから普段のスキンケアの前に「コンディショニングジェル」をプラスして、苦手な夏の汗に備えましょう。汗をかきはじめたら「コンディショニングジェル」を中心としたケアに切り替えて、肌のコンディションを徹底的にひんやり整えましょう。

    オンラインショップで購入

    夏でもべたつかず気持ちよく使えるし、適度な保湿力がちょうどいいです。(28歳男性)

    使い始めてから、夏が過ごしやすくなりました。塗るとひんやり気持ちいい!(53歳女性)

  • 汗や蒸れによる不快な状態に

    天然竹酢液(整肌成分)でコーティングしたパウダーが、ピタッと密着して敏感な肌状態を整えます。気になる部分を中心にたっぷり擦り込んでください。微粒子パウダーは擦り込んでいただくと、ほとんど粉っぽさは感じませんが軽くふき取っても効果は持続します。

    オンラインショップで購入

    とにかく超サラサラで気持ちがいい!(31歳女性)

    お風呂上りに首筋や関節の内側に塗布しておくと、気持ちよく眠れます(31歳女性)