肌状態にあわせた6つの効果の選び方

  • 湿った状態になってしまったら保湿は控えて、肌表面の環境を弱酸性に整えて、肌表面を清潔に保つケアに切り替えます。

  • ガサガサ肌の表面をやわらげて浸透しやすい状態に導きます。クールダウンでしっかり整えてからプラスしましょう。

  • 保湿をするとかゆくなってしまう、敏感な状態に。かゆみを誘発しがちなべたつきをおさえて、刺激から肌を守ります。

  • 最後に重ね塗りすることで、スキンケア効果を閉じこめてキープします。ゴワゴワ状態にもピタッと密着して集中的にケアします。

  • *クールダウン/整肌成分のひんやりした使用感
  • STEP1
  • お肌やわらかジェルソープ
  • 温泉あがりのようなしっとりやわらかな洗い上がり。乾燥する季節も汗が気になる季節も、肌のコンディションに関わらずお使い頂けます。髪もきしまずサラサラの洗い上がりで、顔を含め全身にお使いいただけます。
  • STEP2
  • お肌やわらかクリーム集中ケア
  • 軽い肌悩みならこれだけでOK!基本のケアとして最初のご使用をおすすめしています。 さらに、肌状態にあわせたケアを併用していただくことで、様々な肌状態で実感していただけます。 クリームの使用感が苦手な方にもおすすめです。
  • 基本のケアにプラス

    コンディショニングジェル

    基本のケアだけでは、クールダウン効果が実感できない状態に。クリームの前にプラスします。

    基本のケアから切り替え

    コンディショニングジェル

    乾燥がそれほど気にならない敏感な状態や温度差に敏感に反応してしまう肌に。

    竹酢液でできたジェル

    ジクジクしてしまったら、保湿は一旦控えて切り替えます。

    ここがポイント

    クリームが苦手な状態には、コンディショニングジェルを単独でお試し頂き、 乾燥する場合はお肌やわらかクリーム集中ケアや集中リペアクリームを部分的に併用してください。

  • 基本のケアにプラス

    モイストリペアローション

    クリームをご使用になる前にお使いください。クリームを単独でお使いいただくよりも浸透性がUPする効果が期待できます。

    集中リペアクリーム

    肌表面が厚くなりゴワゴワ感がある部分には、気になる部分を覆うように最後に重ね塗りをします。

    ここがポイント

    最初から併用するのではなく、まずは基本のケアを試してから併用してください。

  • 基本のケアにプラス

    モイストリペアローション

    肌表面しか保湿されずインナードライを感じる状態には、クリームの前にプラスします。

    基本のケアから切り替え

    モイストリペアクリーム

    就寝前にたっぷり保湿しても、朝には乾燥を感じる肌にお使いください。

    お肌やわらかミルク

    お肌の状態が安定してきたら、全身の保湿はこれ1本でOKです。

    ここがポイント

    肌状態に応じて、コンディショニングジェルをプラスしてクールダウン効果が補いましょう。

  • 基本のケアにプラス

    集中リペアクリーム

    気になる部分を覆うように塗布します。単独でのご使用もおすすめです。

    基本のケアから切り替え

    Hand&Bodyプロテクトパウダー

    クリームをぬると刺激になってしまうパックリには、気になる部分を埋めるように塗布します。

    ここがポイント

    クリームもパウダーもたっぷり塗布して、絆創膏や包帯で覆いましょう。

  • 基本のケアにプラス

    Hand&Bodyプロテクトパウダー

    保湿は必要でも、塗布すると刺激を感じてしまう際は、塗布前 又は 塗布後にパウダーをやさしく擦り込みます。

    基本のケアから切り替え

    Hand&Bodyプロテクトパウダー

    竹酢液でできたジェル

    関節の内側や首まわりなど、肌が重なった状態でこすれる部分の汗ムレによる肌悩みには、保湿は控えて切り替えます。

    ここがポイント

    特に汗に弱い場合は、汗は拭くだけでなく流水で洗い流しましょう。外出先では水スプレーなどで濡らしてからタオルなどで拭き取ります。アルコールシートの使用は控えましょう。

  • 基本のケアから切り替え

    竹酢液でできたジェル

    乾燥していた状態が、湿った状態に変わったら一旦保湿は控えて切り替えます。

    ここがポイント

    乾燥も気になる場合は、ジェルがしっかり浸透して肌表面が乾いてから、お肌やわらかクリーム集中ケアを少量併用します。

アトピディア 公式SNS
FacebookFacebook
InstagramInstagram
LINELINE