お肌やわらかミルク お肌やわらかミルク お肌やわらかミルク
お肌やわらかミルク お肌やわらかミルク お肌やわらかミルク
  • 使用方法
  • 適量を手にとり、気になる部分に塗布して下さい。
  • 何をぬってもしみる状態にはミルクを中心としたケアがおすすめです。洗顔は、たっぷりミルクを伸ばしてティッシュで押さえるようにふき取ったらぬるま湯で洗い流します。その後、化粧水などは使わずにミルクをしっとりするまで数回塗布してください。
  • 使用量(目安)
  • 両腕:100円玉1枚分〜
  • 1本でお使いいただける期間(目安)
  • 約2ヶ月分(容量:200ml/1日2回、両手足に塗布した場合)

<全成分>水、竹酢液、ジグリセリン、グリセリン、ペンチレングリコール、シア脂、馬油、ステアリン酸グリセリル(SE)、 ステアリン酸スクロース、ミツロウ、フウセンカズラ花/葉/つるエキス、エチウムプランタギネウム種子油、 ヒマワリ種子油不けん化物、乳酸Na、オクチルドデカノール、カルボマー、キサンタンガム、メチルグルセス-10、BG、 水酸化K、トコフェロール、ベヘニルアルコール、フェノキシエタノール

  • 無香料
  • 無着色
  • 無鉱物油
  • パラベン不使用
  • 石油系界面活性剤不使用
  • アルコール(エタノール)フリー

深刻な肌悩みの方が必要とされる保湿剤の多くは、肌表面を覆うような使用感のものが多く見られます。 塗っているときはしっとり感じても、洗い流すと肌はガサガサということも。

お肌やわらかミルクなら、肌表面をやわらげながら肌にスムーズに浸透するので、内側から潤ったうるうる肌に。 使い続けることで、入浴後の肌に違いを感じて頂けます。

※内側:角層まで

  • 保湿をしてもくり返す肌悩みを、クールダウンでひんやり整えます。
  • 湿った肌状態は保湿を控えて、肌表面を清潔に保つ効果に切り替えます。
  • かたくなった肌表面をやわらげて、保湿成分が浸透しやすい状態に導きます。
  • ガサガサ肌をやわらげて、保湿成分を肌の内側にしっかり届けます。
  • 保湿クリームにさえ刺激を感じる敏感な状態や、汗・蒸れが苦手な肌を快適な状態に整えます。
  • 浸透性を抑えたクリームがとどまって密着。ゴワゴワを集中的にケアします。

※クールダウン:整肌成分のひんやりした使用感による効果

おすすめコンテンツ
アトピディア 公式SNS
FacebookFacebook
InstagramInstagram
LINELINE