肌状態で選ぶ、使用方法

汗・ムレに敏感な肌悩み

  • 汗が気になる季節は、朝晩2回のシャワーがおすすめ。

    就寝中にかいた汗を流さずにいると、「汗管」が詰まってしまい肌悩みの原因になります。朝のシャワーで寝ている間の汗を流してからお出かけしましょう。うるおいのヴェールに包まれたような保温効果を感じていただけます。顔〜体まで全身にお使いいただけます。

    ワンポイント

    汗対策は洗い流すことがポイントです。 日中は、携帯用の小さなスプレー容器に水道水をいれて気になる部分にシュ〜としてハンカチでおさえる方法がおすすめです。 絞ったタオルやハンカチを持ち歩いて繰り返し使用することは雑菌の繁殖など不衛生になりますのでおすすめできません。

    ご愛用者様のお声

    小学生の息子が「もうこれでしか洗わへん!」と宣言するほど気に入ってます!(42歳女性)

    洗っている時からうるおいがあり、お風呂上りがすごくしっとりします。(36歳女性)

  • お肌やわらかジェルソープ

    300ml 2,800円(税抜) / 50ml×2本 1,000円(税抜)

  • 汗ばむ季節にには、専用の保湿ケアに切り替えましょう。

    寒さがやわらいで来るころから普段のスキンケアの前に「コンディショニングジェル」をプラスして、苦手な夏の汗に備えましょう。汗をかきはじめたら「コンディショニングジェル」を中心としたケアに切り替えて、肌のコンディションを徹底的にひんやり整えましょう。

    ワンポイント

    保湿をしても肌悩みが続いてる敏感な肌には、クールダウン効果のコンディショニングジェルジェルをクリームの前にプラスする方法がおすすめです。肌がひんやり感じるまで、くり返し塗布するとより効果的です。

    ご愛用者様のお声

    夏でもべたつかず気持ちよく使えるし、適度な保湿力がちょうどいいです。(28歳男性)

    使い始めてから、夏が過ごしやすくなりました。塗るとひんやり気持ちいい!(53歳女性)

  • コンディショニングジェル

    130g 3,000円(税抜) / 20g×2本 1,200円(税抜) 

*クールダウン:整肌成分のひんやりとした使用感による効果

  • パウダー状の竹酢液でサラサラ&快適な肌状態へ。

    天然竹酢液(整肌成分)でコーティングしたパウダーが、ピタッと密着して敏感な肌状態を整えます。気になる部分を中心にたっぷり擦り込んでください。微粒子パウダーは擦り込んでいただくと、ほとんど粉っぽさは感じませんが軽くふき取っても効果は持続します。

    ワンポイント

    コーンスターチを竹酢液(整肌成分)でコーティングした微粒子パウダーです。やさしく擦り込むと、ス〜と実感。 しっかり擦り込んだ後は、拭き取っても効果は持続します。

    ご愛用者様のお声

    とにかく超サラサラで気持ちがいい!(31歳女性)

    お風呂上りに首筋や関節の内側に塗布しておくと、気持ちよく眠れます(31歳女性)

  • Hand&Bodyプロテクトパウダー

    10g+ケース 2,500円(税抜)/ 10g×2本(詰替え用)3,000円(税抜)

おすすめコンテンツ
アトピディア 公式SNS
FacebookFacebook
InstagramInstagram
LINELINE