ジェルネイルをされる方へ

爪周囲を中心に症状がつらい方でジェルネイルしている場合は、UVライトの紫外線やLEDライトの可視光線が原因の可能性があります。

紫外線は 以下のような種類があり、右にいくほど波長が長くなります。

UVBは表皮まで届く比較的短い光線で、日焼けの原因になります。

UVAより右側の光線は すべて真皮まで到達する光線で細胞にダメージを与え、様々な肌トラブルの原因になります。

LEDライトは紫外線よりもさらに波長が長い「可視光線」と呼ばれる光です。

普段はほとんど影響を受けることがない可視光線ですが、ジェルネイルの際に使用するLEDライトのように強い光を局所的にしかも集中して照射しさらにこれを繰り返すことで皮膚の内部で炎症の原因になることがあります。

「手肌悩みがないころからジェルネイルをしているので、私の原因は違うと思います。」

とおっしゃる方もいらっしゃるのですが、残念ながら花粉症と同じで最初からアレルギーであるわけではなく突然発症されますので、お心当たりのある方はお控えいただくことをおすすめします。

おすすめコンテンツ
アトピディア 公式SNS
FacebookFacebook
InstagramInstagram
LINELINE